最新情報

2017年12月3日ふくらぎ
魚は捌いたほうが圧倒的に安い!~ふくらぎ捌いてみた~
2013年1月25日レッドビー繁殖法
中古ソイルで水槽をすぐに立ち上げる
2012年7月7日レッドビー繁殖法
直射日光はエビの大敵!避難水槽の作り方
2012年7月3日ソイル
中古ソイルを再生させる
2012年6月9日レッドビー繁殖法
繁殖水槽設置して3ヶ月目

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

中古ソイルを再生させる

本日は友人宅で使われていたマスターソイル、アマゾニアを使用して新水槽を立ち上げました。

しかし、全てが中古ソイルの場合は泥がひどいです!特にアマゾニアの中古ソイルは悲惨。。

中古ソイルの泥を吸い取る

中古ソイルの泥を吸い取る

中古ソイルの場合、一度水槽からソイルを掻き出してるので、潰れたソイルが泥になるんです。

そのため、中古ソイルを水槽に敷いて水を入れると一切水の中が見えない泥水になるわけです。

ここまで泥があると水が透明になるまで1週間かかったり、ソイル内に泥が多すぎて底面濾過の効果が半減します。

そこで、左写真のように泥を吸い取る作業が必要になります。

なにをしてるかというと、水道水を入れながら泥水を排出する作業をしてます。

この作業を一時間ぐらいすると、少し白濁した水くらい透明度があがります。

そこまで透明になれば1週間で立ち上がってくれます。

上記の方法で泥まみれの中古ソイルが再生できますので、既に持ってる方は流用してみてください^^

タグ


2012年7月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ソイル

繁殖水槽設置して3ヶ月目

繁殖三ヶ月目の水槽レッドビーシュリンプの繁殖水槽を設置して3ヶ月が経過しました。

窓際に置いてあるんで、コケがすごいすごい。。

雲山石はコケが付くわエビが掬えないわで結局ヤフオクに出しました。。

繁殖水槽とレイアウト水槽を両立するのは厳しいですね(汗

さて、肝心な繁殖ですが

90cm水槽にレッドビーシュリンプが20匹ぐらいしかいないんで、上の写真だとわからないですが

ちゃんと抱卵固体が7匹いますよ~

稚エビの様子

稚エビも数十匹ほどわんさかいます。

繁殖水槽として順調ですね♪

最近は添加剤も餌もやってないです。。

水槽のガラス面やソイルをおいしそうについばんでます。

アマゾニアとマスターソイルの組み合わせはやっぱり最強

でも、前の水槽だとプラナリアやゲジがひどく沸いてたのに、この水槽だと全然でませんね。

前の水槽のソイルを大量に流用しているにもかかわらず

設置環境が違うからか?

タグ


最強のバクテリア剤とは

レッドビーシュリンプ用品には様々なバクテリア剤が発売されていますが、どれが最もすばらしいでしょうか。

水槽の立ち上げ速度に関わってくるので、これってビギナーにとって重要に思えますよね。

私もこれまで液状で販売されているバクテリア剤、粉状のものなど20種類ぐらい試したかもしれません。。

けど、バクテリア剤って効果がよくわからないんですよね(汗

何千円もするくせに。。

一応、バクテリア剤の中で最も効果があるな~と実感できたのではBIOスコールでした。

すっごい値段高いですけど!私の経験上これが効きました。立ち上げが早くなります。

でも、もっともっといいバクテリア剤があるんです。

それは、繁殖に成功している水槽のソイルを入れること

ブリーダーさんに「ソイル下さいよ~」なんてよっぽど親しくないと言えないですけど、この方法が最強です。

私は現在、90cm水槽でレッドビー繁殖水槽を立ち上げています。

エビ繁殖水槽のバクテリア立ち上げして10日ぐらいですが、もうミジンコをはじめ様々な動物性プランクトンが泳いでいる状態です。

この水槽は以前繁殖に使用していたソイルを混ぜたんです。立ち上げ速度が通常の3倍ですね。。

通常は1ヶ月~2ヶ月ぐらいかかるんですけど。

動物性プランクトンがたくさん泳いでいるということは、下層に位置する植物性プランクトンもたくさん生息していますので、エビの餌も多いということになります。

そのため、この水槽のレッドビーシュリンプは盛んにツマツマして何かを食べています^^

水槽全景

レッドビーシュリンプ繁殖水槽

レッドビーシュリンプ繁殖水槽

先ほど話した水槽の全景です。

ちょっとレイアウトにも凝ってみようかな~とADAの雲山石も入れちゃってます。

けど、藻を掃除する暇がなくて悲惨な状況に。。。

詫び草やウィローモスが増えてきたら、それ使ってきれいな繁殖水槽にします!

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像