アマゾニア+軽石の繁殖水槽立ち上げ完了

今回立ち上げた水槽は底面フィルターを使用し、ソイルは軽石とアマゾニアパウダーを使用しました。

軽石アマゾニア水槽

軽石アマゾニア水槽

これは東京の某ブリーダーが用いている組み合わせです。

詳しく書くと、底面フィルターの上に金魚蜂の底ボールorマツダメリットパンチボール、

軽石、アマゾニアパウダーと重ねています。

これで立ち上げ2ヶ月目なんて、水質もかなり安定してきました!

PH 6.1

NH3(アンモニア) 0mg/l

NO2(亜硝酸) 0mg/l

NO3(硝酸塩) 10~20mg/l

GH(総硬度) 2dh

上記の水質データを見る限り、バクテリアは問題なく活動しているのですが、総硬度が2DHと低すぎですね(汗

マスターソイルを用いると総硬度が4以上になりますが、軽石とアマゾニアでは硬度を上昇させるものがないのでしょう。

そのため、バイオカルチャーSMWとミロネクトンパウダー、モンモリロナイトを適量投入しておきました。

軽石+アマゾニア水槽はミネラル補給必須ですね。

軽石なんてホームセンターで10kg500円ほどで売られていますし、アマゾニアパウダーは8kg3000円ほどで購入できます。

そのため、もし立ち上げがうまくいけば激安でレッドビーシュリンプを飼育することができます。

ただし、注意点として全ての軽石がいいという訳ではありません。

中にはPHを急上昇させてしまうものがあり、アルカリ性に傾けるものもあります。

そのため、熱帯魚飼育でよく用いられる日向軽石シリーズがいいかもしれません。

軽石はかなり汚れとアクが強いので、数日かけてしっかり水洗いする必要があるのが難点ですが。。。

タグ


2010年7月11日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:ソイル

このページの先頭へ

イメージ画像