直射日光はエビの大敵!避難水槽の作り方

私はレッドビーシュリンプの繁殖水槽をいくつか持っていますが、1つだけどんなに頑張っても調子が良くない水槽があります。。。

それはタイトル通り直射日光が直に当たっている水槽です(汗

私自身、繁殖マニュアルを出しているぐらいなんで直射日光が駄目ってわかっているのですが、やはり通行人の見える場所に水槽を設置したいという思いがありまして

朝日が当たる方角に置いちゃいましたよ。。。90cm水槽を

最初の1、2ヶ月は順調に繁殖してたのですが、藻がすごいすごい

4日置きに藻をとってもすぐに元通りで、藻が生えすぎたせいか底面フィルターの能力落ちまくりでエビがポツポツ★状態に!

これはやばいと思い、その水槽に入っているエビをすぐに避難水槽に引っ越しました。

ちなみに、避難水槽はすぐに作れます。

レッドビーシュリンプ避難水槽

レッドビーシュリンプ避難水槽

30cm水槽あるいは45cm水槽を用意して、エビが入っていた水槽の水を避難水槽が満杯になるまで入れます。

あとはエアーレショーンして完成!

日が当たらない(真っ暗な場所でもオッケー)涼しい場所に設置し、新しい水槽が整うまでこの水槽で飼います。

エアーレーションだけで大丈夫かと思いますが、実際大丈夫なんです。ポツポツ死も止まり、みんな元気してます。もちろん避難水槽だと繁殖はしませんが。。。。

餌も最小限にしています。

エビは水槽のシリコンについたコケなどを食べていますので、餓死の心配はしなくてもいいです。

エビ水槽の調子が崩れてリセットしたいけど、代替え水槽がない場合はお試しあれ!

タグ


レッドビーシュリンプ繁殖水槽近況

レッドビーシュリンプ繁殖水槽の近況報告です^^

 

 

 

 

 

マスターソイル水槽

マスターソイル水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは立ち上げ8ヶ月目のマスターソイル+底面フィルターの水槽です。

かなりウィローモスとアマゾンフロッグピットが生い茂ってきました。

繁殖水槽は本来これぐらい水草が茂っているほうが抱卵固体や稚エビの生存率がいい気がするのですが、管理し辛いですね(汗

 

しかし、抱卵率は最高の水槽です!

1.5cm以上のメスエビであればほとんどが抱卵していますので、稚エビもかなり増えています。

そしてシャドーの抱卵固体も生まれましたので、このブログで公表している中では最高に環境の整った水槽ですね。

 

 

 

 

 

アマゾニア水槽

アマゾニア水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも立ち上げ8ヶ月目のアマゾニア水槽です。

アマゾニア+外部フィルター+スポンジフィルターの構成にしています。

こちらは一時期ポツポツ死がでてくる環境になっていましたが、増えすぎたエビをショップへ売りに行ったことで改善されました。

抱卵率は先ほどのマスターソイル水槽ほどでないにしても、稚エビの生存率はかなり高く、安定して増えてくれます。

 

昔ながらの組み合わせですが、立ち上げに時間をかければ十分繁殖する方法です。

 

 

 

 

 

アマゾニアと軽石水槽

アマゾニアと軽石水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは立ち上げて2ヶ月経ちます。見ての通りアマゾニア+軽石+底面フィルターの組み合わせ水槽です。

まだ黒ビーシュリンプを5匹して投入していませんが、元気にツマツマしています。

水槽クーラーが購入でき次第、こちらも繁殖水槽にできますね。

軽石はソイルのように崩れることがなく、底面フィルターは頻繁にメンテナンスする必要がないので、一番

管理が楽な水槽です。

 

アマゾニアをしいていますが、立ち上げ1ヶ月間は全く蛍光灯をつけなかったので、コケに悩まされることがありませんでした。

 

 

 

アマゾニアとマスターソイル水槽

アマゾニアとマスターソイル水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの水槽はアマゾニアとマスターソイル水槽+底面フィルターの組み合わせです。

立ち上げて、一時期硝酸塩が100mg/lを超えエビがポツポツ死に出す現象が起こったのですが、

頻繁な水換えやバイオカルチャー1000、ナイトレイトマイナスを投入することで硝酸塩は正常値に戻りました

 

やはり、アマゾニアを大量投入したせいでアンモニア急上昇⇒亜硝酸増加⇒硝酸塩増加となってしまったのですね。

 

今は安定しつつあるので、秋ごろには繁殖水槽にできるでしょう。

 

結局、立ち上げ後8ヶ月が経過しているマスターソイル水槽、アマゾニア水槽が順調で

立ち上げ数ヶ月して経っていない水槽はまだまだ繁殖までいっていない状況ですね(汗

 

しかし、軽石+アマゾニア水槽はかなりエビの調子が良さそうなので、数ヵ月後はこの水槽に期待できます!!

タグ


底面フィルターはレッドビーシュリンプに最適なろ過

エーハイムとアマゾニア水槽では、増えることは増えますがある程度★固体が出やすいことがわかりました。

10匹増えて2匹死ぬといった状況でしょうか(汗

その点、現在マスターソイルと底面フィルターの組み合わせ水槽はかなり安定しています。

底面フィルターとマスターソイル水槽

底面フィルターとマスターソイル水槽

マスターソイルはどちらかと言うと吸着系なんで、繁殖に期待していなかったのですが

ほとんどのメス固体が抱卵し、稚エビもちらほら見えるようになりました。

というわけで

次の水槽は底面フィルターと水中ポンプ直結+マスターソイルとアマゾニアパウダーで決めました^^

外部フィルターなど様々なタイプのものがありますが、底面フィルターのろ過能力は今までの経験上最強です。

また、マスターソイルは非常につぶれ難く、2年以上長持ちするという方もいます。こちらの方のブログでも、マスターソイルを2年使用し型崩れすらしていません。

アマゾニアは単体で使うとコケの大量発生か水質悪化をすぐ招く恐れがあるので、繁殖を促進する程度の量のアマゾニアパウダーを上面に敷くことにしました。

マスターソイルとアマゾニアパウダー+底面フィルターの組み合わせは神奈川県のディスクアローという店主も実践していたものですし、その方は実際に3000匹までレッドビーシュリンプを繁殖させた実績がありますからね~

さて、私もこの組み合わせで、次こそは安定した繁殖を目指してみます!

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像