中古ソイルを再生させる

本日は友人宅で使われていたマスターソイル、アマゾニアを使用して新水槽を立ち上げました。

しかし、全てが中古ソイルの場合は泥がひどいです!特にアマゾニアの中古ソイルは悲惨。。

中古ソイルの泥を吸い取る

中古ソイルの泥を吸い取る

中古ソイルの場合、一度水槽からソイルを掻き出してるので、潰れたソイルが泥になるんです。

そのため、中古ソイルを水槽に敷いて水を入れると一切水の中が見えない泥水になるわけです。

ここまで泥があると水が透明になるまで1週間かかったり、ソイル内に泥が多すぎて底面濾過の効果が半減します。

そこで、左写真のように泥を吸い取る作業が必要になります。

なにをしてるかというと、水道水を入れながら泥水を排出する作業をしてます。

この作業を一時間ぐらいすると、少し白濁した水くらい透明度があがります。

そこまで透明になれば1週間で立ち上がってくれます。

上記の方法で泥まみれの中古ソイルが再生できますので、既に持ってる方は流用してみてください^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2012年7月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ソイル

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像