エビは隠れ家に厳しい

竹炭ハウス

竹炭ハウス

レッドビーシュリンプは恣意的に隠れ家を作っても中々使用してくれません。

例えば、チャームさんで販売している上画像の竹炭ハウス。私はこの商品を使用しましたが、ゲジしか入ってくれませんでした(笑。レッドビーはそれよりもウィローモスの茂みが好きだそうです。

前回取り上げた流木も結構利用してくれます。流木にくぼみや穴があると、彼らは喜んで入りますね^^

私が一番信頼しているブリーダーの方はウィローモス、あるいはシダ系の水草を流木に巻きつけたものを入れています。こちらが稚エビや抱卵固体の隠れ家に一番良いそうです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. より:

    はじめまして。
    mixi…経由だったかな?
    市販されているような立派な竹炭ハウスは作っていませんが100均の竹炭を放り込んでもほとんど入りませんね。
    むしろ下の隙間に隠れている事が多々
    流木に巻き付けたふっさふさモスの隙間に稚エビ・稚魚が潜んでいるのはよく見かけます。
    密集したアヌビアスの懐にも多数隠れてますね。


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像