エビ繁殖に向いた蛍光灯

今回のテーマはあまり確信がないのですが、蛍光灯によって発色や抱卵率が変わると主張する方もいるので、

評判の良い蛍光灯を取り上げていこうと思います。

まず発色効果についてですが、明るければ明るいほどレッドビーシュリンプの発色が良くなるという説があります。

実際、富山県の某ブリーダー宅を訪れたときはメタハラを使っていました。

私も興和の割高な蛍光灯を使用していますが、個人的に効果は実感できていません(汗

ただし、水草の発育は確実に良くなるので、水草が足りないときには役立ちますね。

そして、繁殖率が上がる説についてですが、これは一部の方々が主張しているだけなので私も確信がもてません。

興和のRB37と組み合わせることで、抱卵固体が増えたとおっしゃる方がいますが。。。

ちなみに、私のアマゾニア水槽に

興和  12000K 20W ×1

興和 RB37 20W ×1

を使用しています。RB37は割高なだけあって水草の育成はかなり良くなる気がします。

繁殖効果があるかどうかはわかりませんが。

マスターソイル水槽は1200Kを2灯使用しています。

どちらも照明時間は6~7時間ぐらいにしています。アマゾンフロッグピットとコケの繁茂が半端じゃないので(汗

興和シリーズが高い方には、

テクニカ レフレッドランプ 20W型18Wがお勧めですね。これも明るいですし、使用しているブリーダーもいます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像