中古ソイルを再生させる

本日は友人宅で使われていたマスターソイル、アマゾニアを使用して新水槽を立ち上げました。

しかし、全てが中古ソイルの場合は泥がひどいです!特にアマゾニアの中古ソイルは悲惨。。

中古ソイルの泥を吸い取る

中古ソイルの泥を吸い取る

中古ソイルの場合、一度水槽からソイルを掻き出してるので、潰れたソイルが泥になるんです。

そのため、中古ソイルを水槽に敷いて水を入れると一切水の中が見えない泥水になるわけです。

ここまで泥があると水が透明になるまで1週間かかったり、ソイル内に泥が多すぎて底面濾過の効果が半減します。

そこで、左写真のように泥を吸い取る作業が必要になります。

なにをしてるかというと、水道水を入れながら泥水を排出する作業をしてます。

この作業を一時間ぐらいすると、少し白濁した水くらい透明度があがります。

そこまで透明になれば1週間で立ち上がってくれます。

上記の方法で泥まみれの中古ソイルが再生できますので、既に持ってる方は流用してみてください^^

タグ


2012年7月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:ソイル

アマゾニア+軽石の繁殖水槽立ち上げ完了

今回立ち上げた水槽は底面フィルターを使用し、ソイルは軽石とアマゾニアパウダーを使用しました。

軽石アマゾニア水槽

軽石アマゾニア水槽

これは東京の某ブリーダーが用いている組み合わせです。

詳しく書くと、底面フィルターの上に金魚蜂の底ボールorマツダメリットパンチボール、

軽石、アマゾニアパウダーと重ねています。

これで立ち上げ2ヶ月目なんて、水質もかなり安定してきました!

PH 6.1

NH3(アンモニア) 0mg/l

NO2(亜硝酸) 0mg/l

NO3(硝酸塩) 10~20mg/l

GH(総硬度) 2dh

上記の水質データを見る限り、バクテリアは問題なく活動しているのですが、総硬度が2DHと低すぎですね(汗

マスターソイルを用いると総硬度が4以上になりますが、軽石とアマゾニアでは硬度を上昇させるものがないのでしょう。

そのため、バイオカルチャーSMWとミロネクトンパウダー、モンモリロナイトを適量投入しておきました。

軽石+アマゾニア水槽はミネラル補給必須ですね。

軽石なんてホームセンターで10kg500円ほどで売られていますし、アマゾニアパウダーは8kg3000円ほどで購入できます。

そのため、もし立ち上げがうまくいけば激安でレッドビーシュリンプを飼育することができます。

ただし、注意点として全ての軽石がいいという訳ではありません。

中にはPHを急上昇させてしまうものがあり、アルカリ性に傾けるものもあります。

そのため、熱帯魚飼育でよく用いられる日向軽石シリーズがいいかもしれません。

軽石はかなり汚れとアクが強いので、数日かけてしっかり水洗いする必要があるのが難点ですが。。。

タグ


2010年7月11日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:ソイル

底面フィルターはレッドビーシュリンプに最適なろ過

エーハイムとアマゾニア水槽では、増えることは増えますがある程度★固体が出やすいことがわかりました。

10匹増えて2匹死ぬといった状況でしょうか(汗

その点、現在マスターソイルと底面フィルターの組み合わせ水槽はかなり安定しています。

底面フィルターとマスターソイル水槽

底面フィルターとマスターソイル水槽

マスターソイルはどちらかと言うと吸着系なんで、繁殖に期待していなかったのですが

ほとんどのメス固体が抱卵し、稚エビもちらほら見えるようになりました。

というわけで

次の水槽は底面フィルターと水中ポンプ直結+マスターソイルとアマゾニアパウダーで決めました^^

外部フィルターなど様々なタイプのものがありますが、底面フィルターのろ過能力は今までの経験上最強です。

また、マスターソイルは非常につぶれ難く、2年以上長持ちするという方もいます。こちらの方のブログでも、マスターソイルを2年使用し型崩れすらしていません。

アマゾニアは単体で使うとコケの大量発生か水質悪化をすぐ招く恐れがあるので、繁殖を促進する程度の量のアマゾニアパウダーを上面に敷くことにしました。

マスターソイルとアマゾニアパウダー+底面フィルターの組み合わせは神奈川県のディスクアローという店主も実践していたものですし、その方は実際に3000匹までレッドビーシュリンプを繁殖させた実績がありますからね~

さて、私もこの組み合わせで、次こそは安定した繁殖を目指してみます!

タグ


このページの先頭へ

イメージ画像