最強のバクテリア剤とは

レッドビーシュリンプ用品には様々なバクテリア剤が発売されていますが、どれが最もすばらしいでしょうか。

水槽の立ち上げ速度に関わってくるので、これってビギナーにとって重要に思えますよね。

私もこれまで液状で販売されているバクテリア剤、粉状のものなど20種類ぐらい試したかもしれません。。

けど、バクテリア剤って効果がよくわからないんですよね(汗

何千円もするくせに。。

一応、バクテリア剤の中で最も効果があるな~と実感できたのではBIOスコールでした。

すっごい値段高いですけど!私の経験上これが効きました。立ち上げが早くなります。

でも、もっともっといいバクテリア剤があるんです。

それは、繁殖に成功している水槽のソイルを入れること

ブリーダーさんに「ソイル下さいよ~」なんてよっぽど親しくないと言えないですけど、この方法が最強です。

私は現在、90cm水槽でレッドビー繁殖水槽を立ち上げています。

エビ繁殖水槽のバクテリア立ち上げして10日ぐらいですが、もうミジンコをはじめ様々な動物性プランクトンが泳いでいる状態です。

この水槽は以前繁殖に使用していたソイルを混ぜたんです。立ち上げ速度が通常の3倍ですね。。

通常は1ヶ月~2ヶ月ぐらいかかるんですけど。

動物性プランクトンがたくさん泳いでいるということは、下層に位置する植物性プランクトンもたくさん生息していますので、エビの餌も多いということになります。

そのため、この水槽のレッドビーシュリンプは盛んにツマツマして何かを食べています^^

水槽全景

レッドビーシュリンプ繁殖水槽

レッドビーシュリンプ繁殖水槽

先ほど話した水槽の全景です。

ちょっとレイアウトにも凝ってみようかな~とADAの雲山石も入れちゃってます。

けど、藻を掃除する暇がなくて悲惨な状況に。。。

詫び草やウィローモスが増えてきたら、それ使ってきれいな繁殖水槽にします!

タグ


レッドビーシュリンプで初心者が効率よく稼ぐ方法

今回は番外編のネタです。

レッドビーシュリンプには様々なグレードがあり、どの種類が一番効率よくブリードビジネスできるか迷うところです。

バンド、日の丸、モスラ、さらにシャドーやパンダといった新品種も続々と販売されるようになりましたが

結論からいうと、低グレードなレッドビーシュリンプを数多く飼育することが、一番稼ぎやすいかなと思います。

なぜなら、個人の熱帯魚ショップでは一匹90円から買い取りしているところが未だにありますし、

バンド系のレッドビーは増えやすいからです。

なぜかモスラ、シャドーなど自然界からかけ離れたグレード、品種になりますと繁殖能力が劣り、増えにくいです。

それに、生存率も低くなる傾向にあります。

それなら、いっそ増えやすい低グレードを薄利多売儲けたほうがリスクも少なく成功できますね。

ただし、オークションは一匹あたりの単価が安いですし、最近はグレードにこだわる方が多いです。

そのため、オークション以外の個人店に販売したほうが、より高価買取してくれる場合があるので、調べてみるといいかもしれません。

タグ


アマゾニアを足した結果

マスターソイルと底面フィルターを使用している水槽は、最近水温が24度に安定しているにもかかわらず

抱卵固体が1、2匹と少ない状態が続いていました。

そこで、アマゾニアノーマルをコップ1杯ほど足した結果、翌日には抱卵固体が8匹も!

これほどまでに効果があるかとびっくりしました。。。

マスターソイル水槽も立ち上げて2年近く経とうとしていますからね。。

やはり、下手に増えないからといって添加剤を用いるよりも、アマゾニアの足しソイルで栄養分をエビに与えたほうが

ショック死も防げますし、効果もありますね。

一度に多くの足しソイルを入れるのは、アンモニアが急増するのでやめましょう。

また、既存のソイルができる限り舞わないよう、静かに入れましょう。

タグ

このページの先頭へ

イメージ画像