繁殖水槽 ~途中経過~

レッドビーシュリンプ繁殖水槽の途中経過です。

1、マスターソイル+アマゾニアパウダー水槽

マスターソイルとアマゾニア水槽

マスターソイルとアマゾニア水槽

この水槽は立ち上げて1ヶ月ですね。

立ち上げ2,3週間で水がいい感じになったので、レッドビーを数匹入れましたが、さすがに亜硝酸やアンモニアが溜まっていたのか数匹★になってしまいました。。

しかし、現在は★になる固体もなく、みんな元気にツマツマしています^^

ヤフオクで落札したマジックリーフ(熱帯林の枯れ葉)を入れているのですが、それを食べたり隠れ家にしたりしています。

ケンミジンコなども沸いているので、順調に立ち上がってきています。

おそらく、数ヵ月後には抱卵固体が続出するものと思われます。

2、アマゾニアOnly水槽

アマゾニア

アマゾニア

こちらの水槽は立ち上げて7ヶ月ほどですが、抱卵固体が激減しています^^

ほぼ皆無といっていいほど。

あまり★になる固体がいないのですが、数ヶ月前の繁殖状況が嘘のように止まっています。

外部フィルターだけでは水流やろ過能力が足りないのでしょうか(汗

3、マスターソイル水槽

マスターソイル

マスターソイル

こちらの水槽は、現在抱えているレッドビー水槽の中で一番調子がいいのかもしれません。

抱卵固体が9匹ぐらいいて、稚エビが順調に増えています。

枯れ葉も少し食べているようで、薄くなっている部分があります。

また、この水槽でも枯れ葉は隠れ家として大人気ですね。

しかし、目に見えて枯れ葉を入れたことによる繁殖効果は確認できませんでした(汗

結局、水槽が繁殖しやすい環境にあるかどうかに左右されるんですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像