マスターソイルとアマゾニアパウダー、底面フィルターで新水槽立ち上げ

マスターソイルとアマゾニアパウダー水槽

マスターソイルとアマゾニアパウダー水槽

3月29日に新水槽立ち上げました。

ソイルはマスターソイルHGノーマル8kgとアマゾニアパウダーを上層に敷きました。

また敷いたばかりなので濁っています(汗

フィルターは底面フィルターにNissoのsq-10水中ポンプを直結しています。

この組み合わせは神奈川県の某ブリーダーの方法をパクりました(汗

現在アマゾニア水槽には、外部フィルターにスポンジをつける方法でろ過を行っていますがスポンジ掃除が面倒なので。。

マスターソイルノーマルとマスターパウダーに底面フィルターを使用している水槽がかなり調子いいので、マスターとアマパウの組み合わせで新水槽立ち上げました。

3日経ちましたが、アマゾニアパウダーの影響かまだまだ濁りが取れてないですね~

某ブリーダーの方もこの組み合わせで2週間後に生体を入れるらしいので、私も2,3週間待つことにいたします。

ちまみに、私は最近バクテリア剤使ってません。

なぜなら、調子の良いエビ水槽が2つあるので、それらの水槽からソイルや水を拝借すればバクテリアが十分繁殖するからです。

既に活動を始めている分、市販の休眠バクテリアより効果的なのは確実ですから。

バクテリア剤だけでも数千円しますから、バカにならないですよね~

神奈川の某ブリーダーの方はこの組み合わせの水槽にバイオカルチャーSMWを添加していたらしいです。

ただ、SMWは高いので、そのブリーダーは現在別のオリジナル添加剤を使用しています。

私もそれを購入しましたので、SMWに匹敵する程の効果が確認できれば、紹介いたしますね~

それにしても、レッドビーシュリンプ繁殖は初めの2~3ヶ月はうまく繁殖しますが、その状態を1年維持するのか難しいですね。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

  1. […] マスターソイルとアマゾニアパウダー、底面フィルターで新水槽立ち上げフィルターは底面フィルターにNissoのsq-10水中ポンプを直結しています。 この組み合わせは神奈川県の某ブリーダーの方法をパクりました(汗. 現在アマゾニア水槽には、外部フィルターにスポンジをつける方法でろ過を行っていますがスポンジ掃除が面倒 … […]

コメント


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像