アマゾニア水槽途中経過

底砂をアマゾニアした60cm水槽をセットし、これで3ヶ月が経とうとしています。

私はプロジェクトソイル、ブルカミアなど多くの吸着系ソイルを使用してきたため、アマゾニアは立ち上がりが遅く不安があったのですが

コケもそれほど発生することなく、なんとか安定してきました^^

水槽の調子は吸着系ソイルを使用した水槽より圧倒的に好調です。

具体的に何が好調かと言いますと、ミジンコなどの微生物がものすごく沸いているんですよね。

吸着系を使用した水槽ですと、半年ほど経ってようやく目に見えるか見えないかぐたいの動物性プランクトンが沸き始めるのですが、アマゾニア水槽は栄養が豊富なおかげか、一度安定するとものすごい微生物が沸いてくるんですよね。

微生物が沸くとレッドビーシュリンプにどのような効果があるのかと言いますと、稚エビの生存率が格段に向上するんですね!

目に見えるほどの微生物がたくさんいるということは、それよりも小さな捕食されている微生物も多くいることの証明になりますし、

それらの微生物は稚エビの餌になるんですね。

また、レッドビーシュリンプはソイル自体も食べていますので、栄養豊富な土を敷けば当然固体の調子も良くなります。

というわけで、我が家のレッドビー水槽は当分アマゾニアで行こうと思います^^

しかし通販禁止なのが痛いんだよね~

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像