アマゾニア、マスターソイル水槽途中経過

アマゾニア水槽

アマゾニア水槽立ち上げ3ヵ月後の様子

レッドビーシュリンプ水槽の様子をレビューしていきます。

まず、11月に設置したアマゾニア水槽!

この水槽はソイルがADAのアマゾニア、フィルターはエーハイム500が2基と、テトラダブルブリラントフィルター

でろ過してます。富山の某有名ブリーダーと同じ組み合わせで、このソイルは泥上になりやすいので底面フィルターは使ってません。

アマゾニアで繁殖した稚エビ

アマゾニア水槽では、稚エビの成長速度が早く、順調に成長しています^^

エビ団子

そしてこちらはエビ団子。エビ玉シュリンプフードを与えています。

前の記事から書いてますけど、マスターソイルなどの吸着系ソイルと比較して、アマゾニアを敷くとエビの動きが活発になるような気がします。

エビだけでなく、ケンミジンコなどの微生物の動きも。

抱卵固体も順調に増えているので、まだまだ期待できそうです。

マスターソイル水槽

マスターソイル水槽

こちらは立ち上げて3、4ヶ月くらいかな?

稚魚エビがガラス面に数匹います。

コケの繁茂がないので、水質管理が楽です。

しかし、抱卵固体の割合はアマゾニアのほうがいい様子。

繁殖水槽とまではいかないかなぁ~

繁殖速度は、プロジェクトソイルを用いた水槽と似たり寄ったりです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ


2010年1月30日 | コメント/トラックバック(1)|

カテゴリー:ソイル

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

トラックバック

コメント

  1. nalfa より:

    おはようございます。
    やはり、アマゾニアの方が稚エビの繁殖にはいいようですね。
    でも、早く立ち上がらないのが、たまに傷かな?


コメントをどうぞ

このページの先頭へ

イメージ画像