レッドビーシュリンプ繁殖水槽近況

レッドビーシュリンプ繁殖水槽の近況報告です^^

 

 

 

 

 

マスターソイル水槽

マスターソイル水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは立ち上げ8ヶ月目のマスターソイル+底面フィルターの水槽です。

かなりウィローモスとアマゾンフロッグピットが生い茂ってきました。

繁殖水槽は本来これぐらい水草が茂っているほうが抱卵固体や稚エビの生存率がいい気がするのですが、管理し辛いですね(汗

 

しかし、抱卵率は最高の水槽です!

1.5cm以上のメスエビであればほとんどが抱卵していますので、稚エビもかなり増えています。

そしてシャドーの抱卵固体も生まれましたので、このブログで公表している中では最高に環境の整った水槽ですね。

 

 

 

 

 

アマゾニア水槽

アマゾニア水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらも立ち上げ8ヶ月目のアマゾニア水槽です。

アマゾニア+外部フィルター+スポンジフィルターの構成にしています。

こちらは一時期ポツポツ死がでてくる環境になっていましたが、増えすぎたエビをショップへ売りに行ったことで改善されました。

抱卵率は先ほどのマスターソイル水槽ほどでないにしても、稚エビの生存率はかなり高く、安定して増えてくれます。

 

昔ながらの組み合わせですが、立ち上げに時間をかければ十分繁殖する方法です。

 

 

 

 

 

アマゾニアと軽石水槽

アマゾニアと軽石水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは立ち上げて2ヶ月経ちます。見ての通りアマゾニア+軽石+底面フィルターの組み合わせ水槽です。

まだ黒ビーシュリンプを5匹して投入していませんが、元気にツマツマしています。

水槽クーラーが購入でき次第、こちらも繁殖水槽にできますね。

軽石はソイルのように崩れることがなく、底面フィルターは頻繁にメンテナンスする必要がないので、一番

管理が楽な水槽です。

 

アマゾニアをしいていますが、立ち上げ1ヶ月間は全く蛍光灯をつけなかったので、コケに悩まされることがありませんでした。

 

 

 

アマゾニアとマスターソイル水槽

アマゾニアとマスターソイル水槽

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらの水槽はアマゾニアとマスターソイル水槽+底面フィルターの組み合わせです。

立ち上げて、一時期硝酸塩が100mg/lを超えエビがポツポツ死に出す現象が起こったのですが、

頻繁な水換えやバイオカルチャー1000、ナイトレイトマイナスを投入することで硝酸塩は正常値に戻りました

 

やはり、アマゾニアを大量投入したせいでアンモニア急上昇⇒亜硝酸増加⇒硝酸塩増加となってしまったのですね。

 

今は安定しつつあるので、秋ごろには繁殖水槽にできるでしょう。

 

結局、立ち上げ後8ヶ月が経過しているマスターソイル水槽、アマゾニア水槽が順調で

立ち上げ数ヶ月して経っていない水槽はまだまだ繁殖までいっていない状況ですね(汗

 

しかし、軽石+アマゾニア水槽はかなりエビの調子が良さそうなので、数ヵ月後はこの水槽に期待できます!!

タグ


マスターソイル水槽のレッドシャドー抱卵

マスターソイル水槽に入れたレッドシャドーパンダがいよいよ抱卵しました!

この水槽は毎回当ブログで紹介しているマスターソイル水槽ですので、レッドビーも入っています。

 

レッドビーとのハイブリッドか、この水槽に入っている他のシャドーなのかは不明(汗

レッドシャドー抱卵

レッドシャドー抱卵

 

 

 

 

 

 

 

 

シャドーは稚エビの生存率向上が難しい生き物なので、これからが勝負ですね~

 

稚エビのうちは確認が難しいので、大きくならないと何匹生き残ったかがわかりません。

 

 

タグ


2010年7月16日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:未分類

アマゾニア+軽石の繁殖水槽立ち上げ完了

今回立ち上げた水槽は底面フィルターを使用し、ソイルは軽石とアマゾニアパウダーを使用しました。

軽石アマゾニア水槽

軽石アマゾニア水槽

これは東京の某ブリーダーが用いている組み合わせです。

詳しく書くと、底面フィルターの上に金魚蜂の底ボールorマツダメリットパンチボール、

軽石、アマゾニアパウダーと重ねています。

これで立ち上げ2ヶ月目なんて、水質もかなり安定してきました!

PH 6.1

NH3(アンモニア) 0mg/l

NO2(亜硝酸) 0mg/l

NO3(硝酸塩) 10~20mg/l

GH(総硬度) 2dh

上記の水質データを見る限り、バクテリアは問題なく活動しているのですが、総硬度が2DHと低すぎですね(汗

マスターソイルを用いると総硬度が4以上になりますが、軽石とアマゾニアでは硬度を上昇させるものがないのでしょう。

そのため、バイオカルチャーSMWとミロネクトンパウダー、モンモリロナイトを適量投入しておきました。

軽石+アマゾニア水槽はミネラル補給必須ですね。

軽石なんてホームセンターで10kg500円ほどで売られていますし、アマゾニアパウダーは8kg3000円ほどで購入できます。

そのため、もし立ち上げがうまくいけば激安でレッドビーシュリンプを飼育することができます。

ただし、注意点として全ての軽石がいいという訳ではありません。

中にはPHを急上昇させてしまうものがあり、アルカリ性に傾けるものもあります。

そのため、熱帯魚飼育でよく用いられる日向軽石シリーズがいいかもしれません。

軽石はかなり汚れとアクが強いので、数日かけてしっかり水洗いする必要があるのが難点ですが。。。

タグ


2010年7月11日 | コメント/トラックバック(2)|

カテゴリー:ソイル

このページの先頭へ

イメージ画像